Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 植田明志「月のオリジン」と「風のオリジン」。

植田明志のオブジェ「月のオリジン」と「風のオリジン」


 


 


ランランラン。


星と月が瞬いて、どうやら祭りが始まったようです。


きっと、どこかで流星が落ちたのでしょう。


私は深い夜の中でひとり、


彼らの大切なお祭りに、想いを馳せてみます。


 


9月末より開催してきた、 植田明志個展「風の祭 -KAZE Fes-」も


本日を以て終了致しました。


今回は展示作品の中から「月のオリジン」「風のオリジン」


を紹介致します。


 


 


植田明志のオブジェ「風のオリジン」


植田明志「風のオリジン」


 


植田明志の作品世界におけるマスコット的存在であり


"アイデンティティ"の象徴であるキャラクター「テイテイ」。


「月のオリジン」と「風のオリジン」は、


テイテイたちの創造主を造形した作品です。 


 


 


植田明志のオブジェ「月のオリジン」


植田明志「月のオリジン」


 


今まで作られてきたテイテイたちの中でも


最大サイズのオリジンたち。


テイテイたちの特徴である深い宇宙を想わせるような体色と


身体のレース模様、南米に生息するナマズの一種


コリドラスのような口髭も造形されています。 


 


 


 


植田明志「月のオリジン」と「風のオリジン」 


 


「月のオリジン と 風のオリジン」 


宇宙が大きな産声をあげたとき、星達が生まれた。


その時に、きっと星たちは記憶という概念と、


夢という概念を持っただろう。


それは一体どのようなものだろう?


 


 


植田明志「月のオリジン」と「風のオリジン」 


 


星たちの記憶、星たちの夢。


今なお爆発的なスピードで膨張し続ける宇宙の先っぽに、


きっとそれは存在しているのだ。


 


 


 


ショッピングページからも個展用新作をご覧頂けます。


是非ご覧下さい。


Sipka オンラインショッピング 植田明志


 


 


植田明志作品集「風の跡」


 


植田明志作品集「風の跡 MARK OF WIND」


作品集「風の跡 MARK OF WIND」も


店頭、通販共に発売中です。


個展会期中(2018年9月28日(金)〜11月4日(日))


作品集をお買い上げの方に 作家直筆サインをプレゼントしております。


★サインプレゼント付き本の通販での受付は、


本日(11月4日)ご注文分までとなりますので


お求め逃しのないようお気をつけ下さい。 


 


 


 


 

 植田明志「moon child」。

植田明志のオブジェ「moon child」


 


ランランラン。


星と月が瞬いて、どうやら祭りが始まったようです。


きっと、どこかで流星が落ちたのでしょう。


私は深い夜の中でひとり、


彼らの大切なお祭りに、想いを馳せてみます。


 


9月末より開催してきた、 植田明志個展「風の祭 -KAZE Fes-」も


いよいよ明日が最終日となりました。


お見逃しのないようお気をつけ下さい。


今回は展示作品の中から「moon child」を紹介致します。


 


植田明志のオブジェ「moon child」 


植田明志「moon child」


 


展示スペースの中でも一際目を惹く大型のオブジェ 「moon child」。


身体を丸めた姿勢で、羊水に浮かぶ胎児を想わせる


不思議な生物の姿が造形された幻想的な作品です。


また、頭部いは両生類の幼生を想わせるエラが生えており


2枚の翼には月のクレーターのようなモールドが施されています。


 


 


 植田明志のオブジェ「moon child」


 


「moon child」


月と夜が離れ離れになってから、もう随分時間がたった。


街の根は随分と伸び切って、


今にも地面についてしまいそうだった。


夜はといえばいまだにずっと子供のままで、


何かを掴むようなしぐさをしては、目に涙をためているだけだった。


まん丸の目を見開いては、その中に月を閉じ込めておこうとしていた。


二度と離れ離れにならないように。


 


 


植田明志のオブジェ「moon child」 


 


今思うと、きっと月は夜のために祈っていたのだった。


夜は月を欲し、月は夜を欲していた。


月をなくした夜は夜であることを忘れてしまった。


 


 


植田明志「moon child」


 


 


石粉粘土。


アクリル彩色。


高さ:約90cm(台座下部から翼の上部まで)。


台座部分:約45cm×約47cm。


 


 


 ショッピングページからも個展用新作をご覧頂けます。


随時更新しておりますので、是非ご覧下さい。


Sipka オンラインショッピング 植田明志


 


植田明志作品集「風の跡」


 


植田明志作品集「風の跡 MARK OF WIND」


作品集「風の跡 MARK OF WIND」も


店頭、通販共に発売中です。


個展会期中(2018年9月28日(金)〜11月4日(日))


作品集をお買い上げの方に 作家直筆サインをプレゼントしております。


 


 


植田明志個展「風の祭」


 


 


植田明志個展「風の祭 -KAZE Fes-」


2018年9月28日(金)〜11月4日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F


※地下鉄鶴舞線 大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分 


 


 


 

 植田明志「スターネイティヴ」と「スペースネイティヴ」。

植田明志のオブジェ「星拾いの宴」


 


 


ランランラン。


星と月が瞬いて、どうやら祭りが始まったようです。


きっと、どこかで流星が落ちたのでしょう。


私は深い夜の中でひとり、


彼らの大切なお祭りに、想いを馳せてみます。


 


 植田明志個展「風の祭 -KAZE Fes-」も残すところあと2日となりました。


お見逃しのないようお気をつけ下さい。


今回は展示フライヤーにも掲載されている作品


「スターネイティヴ」と「スペースネイティヴ」を紹介致します。


 


 


 


植田明志のオブジェ「スターネイティヴ」 


植田明志「スターネイティヴ(1200才のグリ)」


 


「風の祭」のマスコットキャラクター的な存在である


【スターネイティヴ】たち。


頭に流星の骨を被った宇宙の原住民です。


今展示では、個性豊かなスターネイティヴたちを展示販売中しております。


  


 


植田明志「スターネイティヴ」 


植田明志「スターネイティヴ(500才のポテラ)」


 


流星の骨を加工した被り物を被ったスターネイティヴたち。


その骨は、500歳の誕生日を迎えた子供に被せられ


思考、感情、人間性を読み取り、歳を重ねるにつれて


大きさや形も変わっていくのだといいます。


 


 


植田明志のスターネイティヴ


植田明志「スターネイティヴ(800才のトロモ)」


 


 


植田明志のオブジェ「スターネイティヴ」


植田明志「スターネイティヴ(200才と150才のメェとヨンヨン)」


 


 


植田明志のオブジェ「星拾いの宴」


植田明志「星拾いの宴」


 


落ちてきた流星を祀り上げ、踊る祭「星拾いの宴」。


拾った流星の骨を囲んで、輪になって踊る


スターネイティヴたちの宴の様子を表現した


ヴィネットタイプの作品です。


 


 植田明志「星拾いの宴」


 


スターネイティヴ達は踊るのが大好き。


でも、踊らないときは驚くほどゆっくりで、おとなしい。


彼らに会ったとき、まるでスローモーションのようにやりとりしていて、


つられてこちらもスローモーションみたいになった。


 


しかし、流星が落ちると狂ったようなスピードで


落ちた場所に集団で突進し、


祀り上げ、ワイワイ踊る。


 


 


植田明志「星拾いの宴」 


 


スペースネイティヴとは、普段友好関係は結ばれているようだが、


流星が落ちたときは敵対し、


その流星をどちらが確保できるかは早い者勝ちらしい。


スペースネイティヴは宇宙空間に住む定住型、


スターネイティヴは星から星へ行き来する移動型である。


 


 


植田明志「スペースネイティヴ」


 


 昨年、クラウドファンディングで行われた


"植田明志作品集製作プロジェクト"の


イメージキャラクターとして誕生した「スペースネイティヴ」たち。


写真は「800才のチョモ」と「500才のポテ」。


 


 


植田明志「スペースネイティヴ」


 


「植田明志作品集製作プロジェクト」クラウドファンディングの


リターン用に製作された【スペースネイティヴ】。


長く立派に伸びた流星の骨から推測するに、


かなりの年齢を経たスペースネイティヴだと思われます。


 


 


 


植田明志「スペースネイティヴ」 


 


流星の骨を被る宇宙の原住民、スペースネイティヴ。


僕らの目に見える流れ星は、


全身を燃やされて消えた後、


骨にだけになってどこかに落ちる。


 


 


植田明志「スペースネイティヴ」


 


スペースネイティヴ達はみんなが寝静まった後に、


いそいそと宇宙から降りてくる。 


彼らはそっと流星の骨を拾うと、


30秒だけよいよい歌い踊ってまた帰っていく。


 


 


植田明志「スペースネイティヴ」


 


その骨は彼らの、星拾いのお祭りに捧げられたあと


(ここでも歌い踊る)、


500歳の誕生日を迎えた子供に被せられていく


(それまでの子供には、流星の骨を被れるように加工するときにでる


小さな欠片を、お面のようにして頭に括りつけていた)。


 


 


植田明志「スペースネイティヴ」


 


その骨は、思考、感情、


人間性を読み取り、歳を重ねるにつれて


大きさや形も変わっていくのだという。


 


彼らスペースネイティヴは、


この限りなく広大な宇宙の中に、


少人数ではあるが確かに生き、生活している。


 


 


植田明志「スペースネイティヴの英雄」


植田明志「スペースネイティヴの英雄」


 


翼のように大きく伸びた頭部に、竜のような尻尾。


長く鋭い槍を構えた勇ましい姿で造形された


「スペースネイティヴの英雄」。


スペースネイティヴたちの間で語りつがれる


伝説の存在を表現した作品です。


 


 


植田明志のオブジェ「スペースネイティヴの英雄」 


 


「スペースネイティヴの英雄」


スペースネイティヴには、伝説の英雄が存在する。


彼の被る流星の骨は、


彼の勇敢な性格を示すように大きな翼に成長し、


竜のような長い尻尾になっていた。 


 


 


植田明志「スペースネイティヴの英雄」


 


 


彼はブラックホールに飲み込まれそうになった流星のため、


自らブラックホールに入り、


流星をひっぱりだして救出したという。


 


 


植田明志「スペースネイティヴの英雄」


 


その後、彼の姿を見たものはいないが、


きっと今も宇宙のどこかで彼は生きているだろう。


ースペースネイティヴ伝説よりー


 


 


 


 ショッピングページからも個展用新作をご覧頂けます。


随時更新しておりますので、是非ご覧下さい。


Sipka オンラインショッピング 植田明志


 


植田明志作品集「風の跡」


 


植田明志作品集「風の跡 MARK OF WIND」


作品集「風の跡 MARK OF WIND」も


店頭、通販共に発売中です。


個展会期中(2018年9月28日(金)〜11月4日(日))


作品集をお買い上げの方に 作家直筆サインをプレゼントしております。


 


 


植田明志個展「風の祭」


 


 


植田明志個展「風の祭 -KAZE Fes-」


2018年9月28日(金)〜11月4日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F


※地下鉄鶴舞線 大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分