Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 「虹の跡」

植田明志個展「虹の跡」


 


 


もうしばらく、虹を見ていない。


 


雨が降れば、外には出なくなったし、


 


コンクリートに滲みた雨の匂いも嗅がなくなった。


 


 


 


 


植田明志個展「虹の跡」


 


 


 


少しだけカーテンを開けると、


 


遠くで夕焼けが世界を焼き尽くしているのが見えた。


 


時間が、ごめんねと言いながら僕を通り過ぎていった。 


 


 


 


 


植田明志個展「虹の跡」 


 


 


 


「記憶」を媒体とした空間造形から、


ある種のノスタルジーを感じさせる世界を表現する


造形作家 植田明志(うえだあきし)。


 


2014年開催の個展「遠すぎるパレード」から


約2年振りとなる「虹の跡」が本日より開催中です。


 


散りばめられた様々な痕跡を辿るように、


記憶の情景を感じさせる作品たちを是非ご覧下さい。


 


 


 


 


 


 


 


植田明志個展「虹の跡」 


 


植田明志 個展「虹の跡」


2016年10月3日(月)〜11月16日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F


※地下鉄鶴舞線 大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分  


 


 


 


 


 

 nyui「bone」シリーズ新作。

nyuiのフトアゴヒゲトカゲ全身骨格ネックレス


 


骨格標本の持つ造形美をアクセサリーに落とし込んだ


nyui(ニュイ)の「bone」シリーズ。


解剖学的に緻密に作られた骨格の造形が見事な


「bone」シリーズの新作が各種入荷致しております。


 


 


nyui「boneネックレス ペンギン全身骨格」


nyui「bone ネックレス フクロウ全身骨格」


 フクロウの全身骨格をデザインしたネックレス。


少し飛び出した両目に、長く伸びた首骨、


どことなくユーモラスな佇まいが特徴的なフクロウの骨格を


高度な彫金技術で見事に再現しています。 


 


 


nyui「bone ピアス フクロウ頭骨」


nyui「boneピアス フクロウ頭骨」


こちらはフクロウの頭骨を造形したピアス。


小ぶりながらも、リアルなフクロウの頭骨が


インパクト抜群のピアスです。


 


 


 


nyuiのフトアゴヒゲトカゲ全身骨格ネックレス


nyui「bone ネックレス フトアゴヒゲトカゲ 全身骨格」


 


アゴヒゲトカゲ属に分類されるトカゲの一種、 


「フトアゴヒゲトカゲ」の全身骨格をデザインしたネックレス。


骨格をモチーフとしていながらも


どこか生命感を感じさせる造形がnyuiならではです。


 


 


 


nyuiの「boneリング モグラ骨盤ゴールド


nyui「bone リング モグラ骨盤 ブラックジルコニア(ゴールド)」


 


モグラの骨盤部分をデザインに取り入れたリング。


個性的なモチーフながらも、TOPのブラックジルコニアが


nyuiらしいエレガントな印象を感じさせるアクセサリーです。


 


 


 


nyui「boneリング モグラ脚骨シルバー」


nyui「bone リング モグラ脚骨 ブラックジルコニア(シルバー)」


 


モグラの前脚骨格をデザインしたリング。


両前足でブラックジルコニアをしっかりと掴んだような


デザインがユニークです。 


 


 


nyui「boneリング モグラ脚骨ゴールド」


nyui「boneリング モグラ脚骨 ジルコニア(ゴールド)」


 


 モグラの前脚骨格をデザインしたリング。


こちらはゴールドメッキのタイプ。 


リング本体のゴールドとクリアのジルコニアの組み合わせが


上品な印象のリングです。


 


 


 


 


 

 クラメンツ商會の蒐集品たち

クラメンツ商會の標本 


先日、好評のうちに終了した企画展「魂の或る場所」で


初登場となった作家 【クラメンツ商會】。


架空の博物学者の蒐集品をコンセプトに


立体と、図譜によって構成される作品たちは


背景となる、奇妙な標本たちの生態や、時代背景考証も相まって


博物学的な魅力溢れるものとなっています。


 

 

 

クーゲル・クラメンツ氏の肖像画 


 


 


架空の博物学者、クーゲル・クラメンツ。


19世紀の前半、医師の子として生まれた彼は、医学を学びながらも、


幼い頃より、博物学に興味を持ち、自然界の珍奇なる物品を蒐集した。


青年時代、遠洋航海の機会に恵まれるという理由から、海軍軍医となり、


各地を訪れ 様々な形で、研究材料と称した珍奇コレクションを充実させていく。


 


 


 


クラメンツ商會の蒐集品


 


 


やがて そのコレクションを基盤とした研究と販売を目的とした


「クラメンツ商會」を設立したものの、程なくして彼はこの世を去ってしまった。


それと共に消滅してしまった「クラメンツ商會」ではあったが、


1世紀以上が過ぎた現代、彼の住居跡から 遺された遺品が大量に発見され、


かつてのクラメンツコレクションが大量に残されている事が判明した・・・


 


 


 


 クラメンツ商會の蒐集品「コオリイグチダケ」の標本


クラメンツ商會「コオリイグチダケ」


 


「コオリイグチタケ」


 


この種のキノコが発生する地帯の岩盤には多くの水晶が含まれており


この種の菌類はその水晶を養分に変える能力を備えていて、


またその内部に蓄えた水晶の元素が新たな結晶を形成し、


表に姿を現して、 胞子の様に水晶の元素を飛ばす能力を備えている


 


 


 


 クラメンツ商會の蒐集品「コオリイグチダケ」の図譜


 


 


作品には、クーゲル・クラメンツ氏が


「コオリイグチダケ」を採集した際に


観察し描かれた「コオリイグチダケ」の生態が描かれた図譜が付属します。


 


 


 


 クラメンツ商會の蒐集品「コオリカラカサタケ」の標本


クラメンツ商會「コオリカラカサタケ」


 


「コオリイグチタケ」と同様に水晶を生み出すキノコの一種「コオリカラカサタケ」。


学名にある コオリ とは、氷の事であり、


古く東洋では、水晶は氷の石化した物と考えられていて、


薬になるとも考えられており、クラメンツは遠洋航海時に


何処かでその逸話を耳にし、この名を付けたものと思われる。


クラメンツ氏のコレクションの中では、蒐集した年代が新しい物の為、


標本瓶や貼られている学名のラベルが異なります。


 


 


 


 クラメンツ商會の蒐集品「ドクガタマゴタケ」の標本


クラメンツ商會「ドクガタマゴタケ 」


 


「ドクガタマゴタケ」


 


クラメンツ商會設立直前の採集品。


傘の部分が、毒蛾の姿に変化しているという


大きな特徴を備えているものの、


その理由は定かではない。


 


 


 


クラメンツ商會の蒐集品「ドクガタマゴタケ」の図譜


 


 


推定ではあるが、鳥などに捕食される事を防ぐ為に


毒蛾の姿に偽装しているものと考えられる。


その事を証明する様に、羽にあたる部分には目玉状の紋様も見られる。


クラメンツコレクションの中でも 希少種の一つとなっている。


 


 


 


 


クラメンツ商會の蒐集品「シンゾウムラサキシメジ」


 


「シンゾウムラサキシメジ」


 


バロック期のヨーロッパにおいて、


これを食すると食べた相手が好意を持つようになるという


いわゆる惚れ薬として重用された。


クラメンツはこの点に着目し、希少種である、このキノコの研究・栽培を試みているが、


果たして成功したのかは 記録に残っていない。


大小の個体が数個ずつ 固まって発生し、中央部の個体が完全、


又は不完全なヒトの心臓の形をしていて、


それを取り巻く幼菌達に血管状の管から養分を送り出している。


 


 


 


クラメンツ商會の蒐集品「シンゾウケッカンタケ」の標本


 


クラメンツ商會「シンゾウケッカンタケ」


 


「シンゾウケッカンタケケ」


 


クラメンツ商會の 設立直後の採集品の中の一つで、


当時の医療機関が解剖学研究用に保存しておいた


小型哺乳類の心臓から数種の菌類が発生していたのを発見。


それらの個体の調査をクラメンツに依頼した事から、


これら一連のキノコ達がクラメンツコレクションに収まっているらしい。


 


 


 


クラメンツ商會の蒐集品「シンゾウケッカンタケ」の図譜


 


 


本品はそれらの中でも特に血管を連想させる様な形状であり、


事実、心臓内部に残っていた血液を多く吸い上げていた事も判明しているものの


なぜこういった姿に進化したのかは解明されていない。


 


 


 


クラメンツ商會の蒐集品「ツメヒレヨロイウオ」の標本写真


クラメンツ商會「ツメヒレヨロイウオ」


 


「ツメヒレヨロイウオ」


 


クラメンツが海軍軍医としての遠洋航海時に入手した個体の一つであり、


地元の漁師の網に偶然引っ掛かった物であるらしい。


深海の海底近く生息しており、プランクトンを主食としている。


歯を持っておらず、捕食の際に大量の海水を吸い込むのであるが、


その水域に鉄分が多く含まれているので、


蓄積された鉄分が作用し、体の一部が金属化している。


 


 


クラメンツ商會の蒐集品「ツメヒレヨロイウオ」の写真


 


 


光の届かない場所に生息する為に、目は退化しているが、


爪状のヒレがセンサーの役目を果たしていて、


餌を探す際や、外敵の存在を察知する能力を備えている。


 


 


 


 


クラメンツ商會の蒐集品「ヤジリヨロイウオ」の標本


 


「ヤジリヨロイウオ」


 


1852年に クーゲル・クラメンツが 


南洋にて現地の漁師が捕獲した物を 譲り受けたらしい。


クラメンツは、19世紀の初めに医師の子として生まれ、


医学を学んだ後、一時、海軍軍医として 遠洋航海に参加し、


各島々で奇異な物品を収集しており、本標本もその際に入手している。


 


 


 


クラメンツ商會の蒐集品「ヤジリヨロイウオ」


 


  


この種の魚類が生息する海水には多くの鉄分が含まれており、


その海水を体に取り込んだ際に 吸収された鉄分が 体の一部を金属化して、


外敵から身を守る様になっている。 


なお 観察記録の一部が焼け焦げているのは、


彼の乗り込んでいた軍艦が火災を起こした際の物であり、


この時に多くの標本・観察記録が焼失している。