Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 植田明志「moon child」。

植田明志のオブジェ「moon child」


 


ランランラン。


星と月が瞬いて、どうやら祭りが始まったようです。


きっと、どこかで流星が落ちたのでしょう。


私は深い夜の中でひとり、


彼らの大切なお祭りに、想いを馳せてみます。


 


9月末より開催してきた、 植田明志個展「風の祭 -KAZE Fes-」も


いよいよ明日が最終日となりました。


お見逃しのないようお気をつけ下さい。


今回は展示作品の中から「moon child」を紹介致します。


 


植田明志のオブジェ「moon child」 


植田明志「moon child」


 


展示スペースの中でも一際目を惹く大型のオブジェ 「moon child」。


身体を丸めた姿勢で、羊水に浮かぶ胎児を想わせる


不思議な生物の姿が造形された幻想的な作品です。


また、頭部いは両生類の幼生を想わせるエラが生えており


2枚の翼には月のクレーターのようなモールドが施されています。


 


 


 植田明志のオブジェ「moon child」


 


「moon child」


月と夜が離れ離れになってから、もう随分時間がたった。


街の根は随分と伸び切って、


今にも地面についてしまいそうだった。


夜はといえばいまだにずっと子供のままで、


何かを掴むようなしぐさをしては、目に涙をためているだけだった。


まん丸の目を見開いては、その中に月を閉じ込めておこうとしていた。


二度と離れ離れにならないように。


 


 


植田明志のオブジェ「moon child」 


 


今思うと、きっと月は夜のために祈っていたのだった。


夜は月を欲し、月は夜を欲していた。


月をなくした夜は夜であることを忘れてしまった。


 


 


植田明志「moon child」


 


 


石粉粘土。


アクリル彩色。


高さ:約90cm(台座下部から翼の上部まで)。


台座部分:約45cm×約47cm。


 


 


 ショッピングページからも個展用新作をご覧頂けます。


随時更新しておりますので、是非ご覧下さい。


Sipka オンラインショッピング 植田明志


 


植田明志作品集「風の跡」


 


植田明志作品集「風の跡 MARK OF WIND」


作品集「風の跡 MARK OF WIND」も


店頭、通販共に発売中です。


個展会期中(2018年9月28日(金)〜11月4日(日))


作品集をお買い上げの方に 作家直筆サインをプレゼントしております。


 


 


植田明志個展「風の祭」


 


 


植田明志個展「風の祭 -KAZE Fes-」


2018年9月28日(金)〜11月4日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F


※地下鉄鶴舞線 大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分 


 


 


 

Comments are closed.

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp