Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 植田明志「歩くのをやめた夜」と「夜が好きな子ども」。

植田明志「歩くのをやめた夜」と「夜が好きな子ども」


 


 


僕らが生まれる前、宇宙が生まれる前、


風は吹いていたのだろうか。


 


僕らが死んだ後、誰もいなくなった地球にも


音楽はあるのだろうか。


 


 


10月より開催してきた植田明志個展「虹の跡」もラストスパートとなりました。


Sipkaブログでは引き続き、作品と、その物語を紹介していっております。


今回は個展会期途中で追加納品された新作


「歩くのをやめた夜」と「夜が好きな子ども」を紹介致します。


 


 


 


植田明志「歩くのをやめた夜」


植田明志「歩くのをやめた夜」


 


植田明志作品の特徴である老人の顔に


夜の闇を想わせる獣のような身体が造形された「歩くのをやめた夜」。


死を迎え、その身体は朽ちてしまっても、


その後には、"かつて自分が確かにそこに存在した証” である


キラキラした跡が残るという想いを表現した作品です。


 


 


植田明志のオブジェ「歩くのをやめた夜」 


 


長い時を生き、やがて来る死期を迎えるばかりとなった夜の存在。


黒い毛に覆われたその身体は、深い夜を纏ったかのようです。


やがて、死を迎えたその身体からは夜が抜け落ちていき、骨だけとなり


そこには、キラキラとした跡だけが残ります。


 


 


 


植田明志「夜が好きな子ども」 


植田明志「夜が好きな子ども」


 


長い年月の間に多くの仲間を失い、やがて迎えた死の時。


骨が露出し、朽ちゆく身体は動かなくなり、


ひとり孤独に死を待つのみとなった"夜”の前に現れた不思議な子供。


 


 


植田明志「夜が好きな子ども」 


 


ひとり、死を待つ "夜" が寂しくないように


子どもは最後の時まで、優しくそばに寄り添っています。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


植田明志「歩くのをやめた夜」 


 


「歩くのをやめた夜」


 


もう、私の身体は朽ち始めていた。


ゆっくりと腰を下ろす。もう、歩く意味もなかった。


 


 


私はずっとこの夜の中を生きてきた。


真っ暗だったが、それなりに楽しいこともあった。


仲のいいやつもいた。私より先に死んでしまったけど。


もう、私のことを知っているやつは居ないだろう。


それほど、長く生きた。


 


  


月はぽっかりと夜空に穴をあけたように浮いている。


あの穴を覗けば、私はずっと昔のことまで思い出せる気がした。


でも、あの穴は私には眩しすぎる。


 


 


 


植田明志「夜が好きな子ども」


 


 


気づけば、私の目の前に子どもが居た。


私はもう声さえ出なくなっていたし、


手足はすでに固まり初めていた。


子どもは何も言わずに、私のひげの中を出たり入ったりしていると思えば、


しとしとと背中に這い上がり、むき出し始めた私の骨をみているようだった。


 


 


 


私はひとりで死にたい。


はやくどこかへ行ってくれないか。


そう言いたかったが、声は出ない。


しばらくして子どもは自分の角をぴかぴか光らせながら、


自分のおでこと私の鼻をぴったりとくっつけた。


 


 


 


植田明志「夜が好きな子ども」 


 


 


それは柔らかくて、きっと太陽に照らされた雲は


こんなふうに暖かいのだろうと思った。


瞼の裏側が、夏の夕日みたいに滲んだ。


眩しかった。その光はだんだん収束して、


あの月のように丸くなった。


 


 


 


植田明志「歩くのをやめた夜」 


 


 


もう目も開かなくなっていた。


あの子供の顔も見えない。


あの子供の頭を撫でてあげたかったが、手足も動かない。


まだそこにいるのか?


また鼻にやわらかい雲が押し当てられた。


 


 


 


 


植田明志「歩くのをやめた夜」 


 


もう、涙が私の瞼一面に広がるのがわかった。


それは夜雨にできる水たまりのように美しかった。


ずっとそばに居てほしいと思った。


ああ、どこへも行かないでくれ。


 


 


 


あの子がそばにいるのを感じる。


涙がついに流れた。


暖かい光はぼやぼやとしながら、


急激に成長する単細胞生物みたいに私を包み込んだ。


 


 


 


 


植田明志「歩くのをやめた夜」と「夜が好きな子ども」


 


 


夜が、その光とひとつになったその後には、


月に照らされてきらきらと輝く骨が、


いつまでも残っていた。


 


 


 


 


 


 


 


 


植田明志個展「虹の跡」


 


 


植田明志 個展「虹の跡」


2016年10月3日(月)〜11月16日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F


※地下鉄鶴舞線 大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分  


 


 


 


 


 

Comments are closed.

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら