Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 植田明志「風の骨」と「トレモロバード」たち。

  


植田明志のオブジェ「風の骨」


 


 


僕らが生まれる前、宇宙が生まれる前、


風は吹いていたのだろうか。


 


僕らが死んだ後、誰もいなくなった地球にも


音楽はあるのだろうか。


 


 


植田明志個展「虹の跡」好評開催中です。


作品は既にほぼ完売状態となってしまっておりますが


Sipkaブログでは作品と、その物語を紹介していっております。


今回は大型作品「風の骨」と、その周りを飛ぶ小さな鳥を表現した


小作品「トレモロバード」を紹介致します。


 


 


 


植田明志のオブジェ「風の骨」 


植田明志「風の骨」


 


記憶を思い出す時に吹く風の化石「風の骨」。


その姿は、動物の頭骨を想わせるシルエットとなっています。


時間の止まった空間で、空に浮かぶ記憶の化石。


四方に長く伸びた角のような突起には、


唐草模様に似た"風の模様"が螺旋状に彫られています。


 


 


植田明志のオブジェ「トレモロバード♀」 


植田明志「トレモロバード♀」


 


「風の骨」を見守る小さな鳥のような生き物「トレモロバード」たち。


トレモロバードたちは、誰も気づく事のない記憶の化石〜風の骨を想い、


その周りを飛びながら見守っています。


 


 


 


植田明志のオブジェ「トレモロバード♂」


植田明志「トレモロバード♂」


 


トレモロバードたちの身体の円盤には、


「風の骨」と共通の唐草模様に似た "風の模様" が彫られています。


雄と雌でお互いの身体を小刻みに突き合い、円盤の模様を彫っていきます。


 


 「風の骨」がいつか灰になって、いなくなってしまっても


トレモロバードたちは身体に刻まれた風の模様と共に、


いつまでも覚えています。


 


 


 


 


 


 


植田明志のオブジェ「風の骨」 


 


「風の骨」


 


彼は、いつからそこに居るんだろう。


 


少なくとも僕が生まれてから、ずっとあの白い空に浮かんでいる。


人々から風の骨と言われている彼は、


時間が経つにつれその形を歪にしていった。


 


 


彼の周りをたくさんの鳥たちが飛んでいる。


 


 


植田明志のオブジェ「風の骨」 


 


 


忘れられていく記憶。


いつか、全部消えてしまう。


僕らが居たことも、彼がいたことも、


この世界はいつか、思い出せなくなる。


僕は彼を見上げて、少し祈る。


 


 


 


 


植田明志のオブジェ「トレモロバード」 


 


 


近くで鳥たちが、互いの羽にクチバシで模様を彫っていた。


彼らは、つがいになると、確かめ合うように、


コンコンと互いの模様をついばむ習性がある。


それは、風の骨の記憶を、彼らは必死に残そうとしているように見えた。


 


 


 


 


植田明志のオブジェ「トレモロバード」 


 


 


彼らの羽は硬質の骨でできており、太古の地層からその化石がよく発掘された


そのすべてに、例外なく模様が彫られていた


花のような模様。海の生き物。抽象的な幾何学模様。


 


 


風の骨を見ると、夕焼けに照らされて、その複雑な輪郭を輝かせた。


その輝きは僕を少なからず安心させる。


 


 


 


 


植田明志のオブジェ「風の骨」 


 


 


あなたは、消えていくけれど。


僕は覚えているよ。


鳥たちも、あなたのことを覚えてる。


だから、大丈夫。


 


 


忘れられていく記憶。


いつか、全部消えてしまう。


僕らが居たことも、彼がいたことも、鳥たちのことも、


この世界はいつか、思い出せなくなる。


 


 


 


 


 


植田明志のオブジェ「風の骨」 


 


 


それでも、いつか誰かが、僕らが居た証を。


見つけてくれますように。


 


 


 


 


 


 


 


植田明志個展「虹の跡」 


 


植田明志 個展「虹の跡」


2016年10月3日(月)〜11月16日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F


※地下鉄鶴舞線 大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分  


 


 


 


 


 


 

Comments are closed.

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら