Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 GREEN-EYED CREATION「アタナシウス・キルヒャーの夢」。

「アタナシウス・キルヒャーの夢」 


 


"架空のロックバンド「GREEN-EYED CREATION」のアートワーク” をコンセプトに


様々なプロダクトを展開する作家【GREEN-EYED CREATION】。


今年4月〜6月に掛けて開催された個展「即興演奏の為の部屋」以降となる


待望の新作「アタナシウス・キルヒャーの夢」シリーズが入荷致しました


 


 


 


GREEN-EYED CREATION「アタナシウス・キルヒャーの夢」 


GREEN-EYED CREATION「アタナシウス・キルヒャーの夢」ハンカチ GEC-BD-010


 


 


コットンにインクジェットでプリントを施したラージハンカチ。 


点描画で表現された生物たちのグラフィックが特徴的なデザインとなっています。


17世紀、ドイツ出身の学者アタナシウス・キルヒャー (Athanasius Kircher)


をインスピレーションソースに


"証明出来た"物のみが、"存在する”のではなく、


"証明出来ていない"だけで、本当は"存在する"のではないか


という 想いが込められた作品です。


 


 


GREEN-EYED CREATION「アタナシウス・キルヒャーの夢」ハンカチ 


GREEN-EYED CREATION「アタナシウス・キルヒャーの夢」ハンカチ GEC-BD012


 


「蛇以下の生物は自然発生する」と発表したキルヒャー。


後にその説は他の学者により否定されてしまいますが


「アタナシウス・キルヒャーの夢」シリーズのハンカチは


そのキルヒャーの「夢」を受けて、


自然発生するからには何らかの理由があり


その理由が「浄化」であれば良いという


GREEN-EYED CREATIONデザイナーの願いが


「夢のまた夢」として、重ねて込められています。


 


 


 


 


GREEN-EYED CREATION「アタナシウス・キルヒャーの夢」ハンカチ


 


大判なので首に巻いたり、プレゼントを包んだり、幅広くお使い頂けます。


巻き方によって柄の見え方が異なり、


様々な表情をお楽しみ頂けます。 


 


 


 


GREEN-EYED CREATION「アタナシウス・キルヒャーの夢」ハンカチ 


 


「アタナシウス・キルヒャーの夢」


 


ある夜、人が立ち入る事を許されない地で


その森はある役割を担って“自然発生”した。


土から、水から、空気から養分を吸収し、


一晩で成長したその森の植物達は


朝になると蛾のような姿に変化し太陽に向かって飛んでいく。


 


そして太陽の熱に焼かれて跡形も無く消滅する。


まるで存在を無かった事にするかのように。


もはや誰もその存在を証明する事は出来ない。


アタナシウス・キルヒャーの夢。


私の夢のまた夢。


 


 


 


 


 


GREEN-EYED CREATION「アタナシウス・キルヒャーの夢」ハンカチ


GREEN-EYED CREATION「アタナシウス・キルヒャーの夢」ハンカチ GEC-BD-011


 


素材:コットン100%。


サイズ:約54cm × 約54cm。


 


 


 


 


 


GREEN EYED CREATION,グリーンアイドクリエーション


 


 


架空のロックバンド


「GREEN-EYED CREATION」 は


1枚の絵(あるいはオブジェ)が飾られた部屋での即興演奏によって曲作りをしている。


 


曲ごとに絵は取り替えれ、演奏者達の間で言葉を交わすことはなく、


彼等の意識は飾られた絵とその空間のみに集中される。


その絵はそこで生み出された曲のアートワークとして使用され、


聴く者も演奏者と同じ絵を見ながら曲を聴くことになる。


 


曲とアートワークの結びつきを強固にする事で視覚と聴覚の両方に訴え、


ある一種の「体験」として深く記憶に残る音楽を生み出すことが目的なのである。


 


「GREEN-EYED CREATION」の演奏者は曲によって入れ替わり、


唯一変わらないのは部屋に飾られる絵(あるいはオブジェ)を制作する画家だけである。


前衛的、実験的な音楽性からプログレッシブロックに分類されることが多いが、


演奏者によってはフリージャズの様相を呈することもあり、


曲によって趣向が全く異なるのもこのバンドの特徴である。


 


即興演奏の為に製作された作品たちは


架空のロックバンド「GREEN-EYED CREATION」の 一連の世界観に触れ、


音の無い曲を感じることができる。


 


 


 


 


 

Comments are closed.

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら