Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 eerie-eery「ルシカの手紙」

eerie-eery,手首のルシカ,ドール


 


 


ある日しがない物書きは 謎の老人から奇異な依頼を受ける。


依頼の内容は、その昔『命の生成と継続について』


という実験を行っていたとされる施設へ行き、


そこに残された機械達を物書きが執筆する


本の中で紹介して欲しいというものであった。


 


施設の名前は『アストマルシカ』


暗号を解き施設に辿り着くと、物書きはそこに隠された秘密に驚く事となる。


なんと残された機械達は皆命を宿し生きていたのだ。


 


 


10月より開催してきたeerie-eery個展「桃源の実験室 アストマルシカの記録」も


本日、好評のうちに終了致しました。


展示中、最後の更新となる今回のSipkaブログは


実験施設アストマルシカの秘密の鍵を握る存在「手首のルシカ」と


物語のクライマックスとなる「ルシカの手紙」を紹介します。


 


 


 


 


eerie-eery,手首のルシカ


eerie-eery「手首のルシカ」


 


 


肉のあまりついていない無機質な質感は


球体関節人形の手を連想させます。


平置きにした場合は手の平の上に小さい人形や


アクセサリーなどの小物を置いて頂けます。


また壁掛けにした際には手首部分にネックレスなど


軽いものなら掛けて飾って頂く事が可能です。


 


 


 


 


eerie-eery,手首のルシカ 


 


【 手首のルシカ 】


秘密を守る標本箱の中の鍵を開け、


書斎に入ると現れた手首の壁掛け。


私にこの実験施設の謎を教える為の


最後の物語を渡してくれる。 


 


 


  


 


 


 


eerie-eery,手首のルシカ 


 


「ルシカの手紙」


 


手首のルシカから渡された手紙の内容はこうだ。


『此処までよく辿り着いてくれましたね。ご苦労様でした。


この手紙を読んでいるという事は、


貴方は既にこの実験施設アストマルシカの正体に


気付いていると言っても過言ではありません。


 


 


少し説明をしましょう。


私は命の生成と継続について様々な研究をしてきました。


そしてその途中である事に気が付いたのです。


生み出した機械達全てが何らかの係わり合いを持ち繋がってくる事。


何か一つだけでは無く沢山の材料が必要だという事。


そしてそれら全ての共通点は貴方だという事。


この実験室アストマルシカは貴方を形作る装置であり宇宙なのです。


 


 


貴方の命には沢山のものが係わっています。


貴方一人きりでは成り立ちませんでした。


沢山の材料が必要だったのです。


分かりやすく例えるならそうですね、


例えばクッキーを作る時、色んな材料が必要になります。


小麦粉、バター、玉子や砂糖等。 また形や味はどうでしょう。


丸や四角や星の形。ココア味、紅茶味と個性も出せます。


 


 


 


貴方の場合も同じです。


身体を作る材料や性格を作る材料。


骨や肉や歯や髪の毛。 好きな歌、好きな匂い、嫌いな食べ物、嫌いな色。


家族、友人、恋人。


様々な物が係わり合って貴方が出来上がるのです。


 


 


 


そしてそれは貴方が自覚出来る物事だけに留まりません。


貴方が全く関係無いと思っていた所の物事も係わっていたりするのです。


貴方は貴方という宇宙の中で、様々な星達と係わり合い生きているのです。


そしてそれは貴方がその一生を終えた後も続いていくのです。


この星が生まれ、今日までその命達が続いている様に』


 


 


 


手紙を読み終わり、余りにも壮大な話に私は呆然としてしまった。


なんと、命を作り上げ継続させる実験を行っていたアストマルシカは、


私を作り、そして世界へ繋げる装置であったのだ。


 


 


 


私は書斎から出て実験室の装置達をもう一度見て回った。


初めて訪れた見知らぬ施設であるのに、


何故か落ち着くと思っていたこの感情は間違いではなかったのだ。


空想の物語に出て来る様なアストマルシカの装置達は


まるで私の頭の中の世界であった。


 


 


 


執筆の際に使うペン先、子供の頃に庭で拾った石、


暗号や宝探しの様な今回の旅までも。


全て私を形作った私に纏わるものであったのだ。


私が存在する事でこのアストマルシカが成立する。


そして私もまた他の誰かのアストマルシカを作り上げる事に係わっているのだろう。


そうして私は私という体が死んだ後も


この星の一部として永遠に係わり続けるのだ。


それは今生きている全ての者達にも言える事である。


そして、読者である貴方にもきっと、


貴方だけのアストマルシカが存在しているはずだ。


 


 


 


銀河系の中のほんの小さな星の様に


途切れる事の無い命の連鎖の様に


全てを繋ぐ物語の中に私は生きている。


 


 


 


 


 


 

Comments are closed.

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら