Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 eerie-eery「最終処理邂逅機」と「血液合成機と子宮」

eerie-eery,マッドターヘルアナトミア,オブジェ


 


 


 


eerie-eery個展「桃源の実験室 アストマルシカの記録」では


2014年に大阪で開催された「マッドターヘルアナトミア」


で発表された作品も展示中です。


今展示と共通のテーマを持つ「命を作り上げる施設」を


舞台にした物語を背景にした作品たち。


今回は壁掛け型作品「最終処理邂逅機」「最終処理邂逅機の心臓」


そして「血液合成機と子宮」を紹介致します。


 


 


 


 


eerie-eery,マッドターヘルアナトミア,オブジェ


 


 


科学と錬金術、魔術を駆使して生命の生成と再生、


そしてキメラを生み出す研究を行っていた


マッドサイエンティスト達の解体新書「マッドターヘルアナトミア」。


 


「桃源の実験室 アストマルシカの記録」へと通じる


テーマを持ちながらも異なる印象の作品群となっています。


 


 


 


eerie-eery,マッドターヘルアナトミア,オブジェ 


eerie-eery「最終処理邂逅機」 


 


【最終処理邂逅機】


死んだ生き物の歯、骨、卵から新たに肉体を生成する機械。


真っ白な石灰が噴き出す様子は雪景色を思い出させる。


もう一度出会う為に死んだ体。


 


 


 


 


 


eerie-eery,マッドターヘルアナトミア,オブジェ 


eerie-eery「最終処理邂逅機の心臓」


 


【最終処理邂逅機の心臓】


最終処理邂逅機の心臓部分。


釘は棘の役割も果たしているが


電気と鉄分を送る働きもしている。


 


 


 


 


eerie-eery,血液合成機と子宮,マッドターヘルアナトミア 


eerie-eery【血液合成機と子宮】


 


 


一度も角を折ってない老いた山羊。


産卵を終えた龍頭魚。


アルビノの初潮。


生まれたばかりの赤ん坊。


以上のものから採った血液を合成する機械。


これらの血液を石灰と練り上げることで肉体が生成される。 


左に居るのはゴム手袋(子宮)に送られる血液から生まれた生き物。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


eerie-eery,イーリーイーリー,桃源の実験室 アストマルシカの記録


 


eerie-eery Exhibition「桃源の実験室 アストマルシカの記録」


 2015年10月16日(金)〜11月29日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号 エビスビル2F


※地下鉄鶴舞線 大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分


 


 


 


 


 


 


 

Comments are closed.

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら