Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 eerie-eery「錬金キャビネット」と「秘密を守る標本箱」

eerie-eery,錬金キャビネット,オブジェ


 


ある日しがない物書きは 謎の老人から奇異な依頼を受ける。


依頼の内容は、その昔『命の生成と継続について』


という実験を行っていたとされる施設へ行き、


そこに残された機械達を物書きが執筆する


本の中で紹介して欲しいというものであった。


 


施設の名前は『アストマルシカ』


暗号を解き施設に辿り着くと、物書きはそこに隠された秘密に驚く事となる。


なんと残された機械達は皆命を宿し生きていたのだ。


 


 


好評開催中のeerie-eery個展「桃源の実験室 アストマルシカの記録」。


Sipkaブログでは実験施設アストマルシカで生まれた


ユニークな生きた機械たちを随時紹介していきます。


 


 


 


eerie-eery,錬金キャビネット,オブジェ


eerie-eery「錬金キャビネット」


 


 


「錬金キャビネット」


キャビネットの仕切りの右側に材料を入れると、


左側に体が生成される。


下の引き出しには魔法陣が描かれている。


材料には朝焼けを織った布、処女石、


小人の歯、魔女の髪等が用いられる。 


 


 


eerie-eery,錬金キャビネット,オブジェ


 


 


人形は取り外し可能。


お好きな位置に配置してお楽しみ頂けます。


また、棚の右側の上部に少し隙間を空いているので


指輪や小さな物を置いて錬金術に参加できます。 


 


 


 


 


eerie-eery,秘密を守る標本箱,ドール,オブジェ


eerie-eery「秘密を守る標本箱」


 


「秘密を守る標本箱」と題されたオブジェ作品。


『あらゆるものが関係して今の自分を構築している』というコンセプトで、


eerieが過去に行った展示や制作した作品を意識した物や


実際に使用した物などが標本箱の中に入れられています。


 


 


 


eerie-eery,秘密を守る標本箱,ドール 


 


右上の飾り彫りのある棒は、


2011年開催の個展【アラベスク】で吊していた脚の棒。 


2段目右端には、2014年開催の個展


【追憶と眠りの国〜眠りの為の回顧展】で用いられた歯の模型を。


3段目中央には、初個展【アルビノの食卓】をイメージしたフォーク


等がそれぞれ象徴的に配置されています。


 


 


 


 


eerie-eery,秘密を守る標本箱,ドール,オブジェ


 


 


「秘密を守る標本箱」


大切な秘密を守っている標本箱。


誰かの思い出の品を一つ一つ部屋に収めている。


隠し扉の向こうに大事な鍵を隠している。 


 


 


 


 


 


 


 


 


eerie-eery,イーリーイーリー,桃源の実験室 アストマルシカの記録


 


eerie-eery Exhibition「桃源の実験室 アストマルシカの記録」


 2015年10月16日(金)〜11月29日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号 エビスビル2F


※地下鉄鶴舞線 大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分


 


 


 


 


 


 

Comments are closed.

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら