Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 eerie-eery「転送錬金天秤」と「シャムぶくろさん」

eerie-eery,転送錬金天秤,オブジェ,ドール


 


 


ある日しがない物書きは 謎の老人から奇異な依頼を受ける。


依頼の内容は、その昔『命の生成と継続について』


という実験を行っていたとされる施設へ行き、


そこに残された機械達を物書きが執筆する


本の中で紹介して欲しいというものであった。


 


施設の名前は『アストマルシカ』


暗号を解き施設に辿り着くと、物書きはそこに隠された秘密に驚く事となる。


なんと残された機械達は皆命を宿し生きていたのだ。


 


 


好評開催中のeerie-eery個展「桃源の実験室 アストマルシカの記録」。


Sipkaブログでは実験施設アストマルシカで生まれた


ユニークな生きた機械たちを随時紹介していきます。


 


 


 


eerie-eery,転送錬金天秤,ドール,オブジェ


eerie-eery「転送錬金天秤」


 


「転送錬金天秤」


天秤の皿の部分に材料を載せると、


雷の力で隣の鳥籠に体が生成されながら転送される。


土台となる水槽には水が張ってあり、魔法陣が画かれている。


材料には鳥の羽根、新生児の脂肪、夕焼けを解いた糸、インク等が用いられる。


 


 


 


eerie-eery,転送錬金天秤,人形,ドール 


 


魔法陣はeerie自身がまじないをかけつつ描いた独自のもの。


「桃源の実験室 アストマルシカの記録」の物語のテーマである


「あらゆるものが関係して今の自分を構築している」


→「生きているという事は色んなものと関係していく、繋がっていく」


という事を意識し、縄や蔦のような意匠が施されています。


 


 


 


eerie-eery,転送錬金天秤,魔法陣,オブジェ


 


天秤の皿部分には少しスペースが空いているので


指輪など小さな物を置いて錬金術の儀式に参加出来ます。


 


 


 


 


eerie-eery,シャムぶくろさん,人形,ドール


eerie-eery「シャムぶくろさん」


 


「シャムぶくろさん」と題されたオブジェ作品。


ずたぶくろのような身体から伸びた2本の首。


ボーダーの靴下を履いたような脚部は


膝部分が若干可動します。


以前に紹介した「ずたぶくろさん」と同様に


今展示では少ないスタンダードな人形タイプの作品です。


 


 


 


 


eerie-eery,シャムぶくろさん,人形,ドール


 


「シャムぶくろさん」


ずたぶくろの中で生まれた双子。


前世に、次生まれる時はたったひとつの身体になって


生まれようと誓って死んだ恋人たち。


首が長いのでよく絡まり喧嘩をする。


 


 


 


 


 


 


 


 


eerie-eery,イーリーイーリー,桃源の実験室 アストマルシカの記録


 


eerie-eery Exhibition「桃源の実験室 アストマルシカの記録」


 2015年10月16日(金)〜11月29日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号 エビスビル2F


※地下鉄鶴舞線 大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

Comments are closed.

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら