Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 植田明志 秋の新作イベント

植田明志,AKISHIUEDA,オブジェ


 


 


「記憶」を媒体とした空間造形から、


ある種のノスタルジーを感じさせる世界を表現する造形作家


植田明志(うえだあきし)。


無音のような静けさと、理想的な深層心理の核心を探求する、


その作品世界は見る者の心に深い余韻を残します。


 


 


 


植田明志,造形,オブジェ 


 


昨年10月に開催された個展「遠すぎるパレード」以来となる


大型新作含む作品をご覧頂けるプチイベントを開催。 


11月4日(水)よりスタートです。


新作は新たな表現に挑んだ大型作品2点と小型の作品が2点。


 


 


植田明志,レム,鯨,造形 


 


 


完全新作の他に、春のクリエイターズマーケットで発表され


Sipka店頭では初お披露目となる鯨型作品【レム】も展示。


全長75㎝にも及ぶ大迫力の大型作品です。


 


 


 


 


植田明志,月のままに,造形,オブジェ,山の精霊


 


また植田明志のライフワークともいえる山の精霊・山人(やまと)系


最大級となる作品【月のままに】。


こちらも先日ワンダーフェスティバルで発表されて以降


Sipka初お披露目となる作品です。


 


今回の作品たちは従来のギャラリースペースでの展示ではなく


常設スペースへの設置となります。


11月4日のスタートから明確な会期は設けておらず


ご売約となった作品は2週間程、店頭に展示の後


梱包準備が出来次第、お渡しとなります。


作品をご覧になりたい方はお早めにご来店下さい。


 


 


 


 


植田明志,ガリレオの月,アクセサリー,原型 


 


また、2013年に開催された初個展「惑星少年」におけるイメージ作品となった


【月の歌】〜通称 "ガリレオの月" のアクセサリー化企画が進行中です。


現在、作家自身による原型が完成。


アクセサリーに置き換えるべく調整を行っています。


製品版は、今冬発表予定〜詳細は随時こちらでもお知らせしていきますので


お楽しみに。


 


 


 


 

Comments are closed.

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら