Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 Lhiannan:Shee【囁きの為のお道具箱】

Lhiannan:Shee,リアナンシー,囁きの為のお道具箱


 


夏の終わりのとある日に


田畑を耕す農夫あり


「私を探して」


声がする


肺の姿のじゃがいも抜けば


根っこに紛れて摩訶不思議


異国の文字と謎の図画の


泥んこな書物現れたとさ  


 


 


ケルト人にとって一年の終わりであり、


秋の収穫を祝う行事 「 ハロウィン(Halloween)」。


そこに交わる古代ローマで行われていた、


果実・果樹を司る女神を讃える祭り 「ポーモーナの日(Pomona Day)」


ケルトと所縁の深い、この二つの祭典をインスピレーションソースにした


Lhiannan:Shee個展「ポーモーナの手稿」。


今回は個展の開催を記念して企画された【囁きの為のお道具箱】を紹介致します。


 


 


 


Lhiannan:Shee,リアナンシー,囁きの為のお道具箱 


Lhiannan:Shee「囁きの為のお道具箱」


 


スマートフォンケースや、イヤーフック、イヤリング等が


封入された「囁きの為のお道具箱」。


耳に纏わるアイテムがセットになったスペシャルBOXです。


 


【囁きの為のお道具箱】セット内容


・「四季を司る小さなお家のイヤーフック(左耳用)」


・「奇妙な図案の描かれた書物のスマートフォンケース」


・「時を操る小さなネジ巻きチャーム」


・「眠る太陽チャーム」


・ストラップ用チェーン


・イヤリング金具(両耳分)


 


 


Lhiannan:Shee,リアナンシー,囁きの為のお道具箱 


 


一年に何度か訪れる妖精たちに逢える確率が高まる日。


これは、その日を待ちきれない時の為の


秘密のお道具箱。 


 


 


 


Lhiannan:Shee,リアナンシー,四季を司る小さなお家のイヤーフック


 


【四季を司る小さなお家のイヤーフック】


 


1つめは「四季を司る小さなお家」。


芽吹く花々に実る果実。


虫喰い葉っぱに雪景色。


そして目覚める三日月と眠る太陽。 


 


 


 


 


Lhiannan:Shee,リアナンシー,時を操る小さなネジ巻きチャーム


 


【時を操る小さなネジ巻きチャーム】


 


2つめは「時を操る小さなネジ巻き」。


この不思議なネジ巻きをくるりと廻せば


たちまち自由に季節を行き来でき、妖精たちの声が聴こえてきます。


その耳が妖精界への通り道となる事でしょう。 


 


 


 


 


スマートフォンケース,i phone,Lhiannan:Shee 


【奇妙な図案の描かれた書物のスマートフォンケース】


 


3つめは「奇妙な図案の描かれた書物」


無事、妖精たちに逢えたなら、仲良しの証に一緒に読みましょう。


不思議とすらすら読めるようになるはずです。


しかし、もしこれが無かったら、彼らは機嫌を損ねてしまいます。


必ずいつもポケットに忍ばせておく事をお忘れなく。


 


 


 


 


スマートフォンケース,i phone,リアナンシー 


 


「奇妙な図案の描かれた書物」スマートフォンケース、


デザインは薄いブルーの小人柄と


ベージュの野菜柄の2種類。


また、対応機種は


i phone 5/ 5s


i phone 6/ 6s


i phone 6plus/ 6splus


となります。


通販をご利用の方は、オプション欄よりご希望の柄、機種をお選び下さい。


 


 


 


※こちらの商品は受注生産となります。


納期はご注文確定後、約2〜3週間程を予定しております。


 


 


 


 


 


 

Comments are closed.

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら