Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 植田明志「夜になった猫」


植田明志,夜になった猫,オブジェ




10月より開催中の植田明志個展「遠すぎるパレード」では


好評を受け、会期中に制作された新作が新たに追加されました。


今回は追加新作3点のうちのひとつ「夜になった猫」を紹介致します。






植田明志,夜になった猫,オブジェ






夜を想わせる紺碧の体色に、流れるような体毛の表現が秀逸な「夜になった猫」。


その4つの目は闇夜で光るように輝いています。


猫の背中に乗っているのは "大切なもの” の象徴である星の使い。


星の使いは、時間の流れを表す "風のマフラー" を首に巻いています。








植田明志,夜になった猫





今展示以前に平面作品として描かれた「夜になった猫」。


うねるような身体のフォルムや体毛の表現、闇夜に光る複数の目など


立体作品の原形となった作品です。










植田明志,夜になった猫




全長:約15㎝。高さ:約14.5㎝。幅:約7㎝。


石粉粘土。


アクリル彩色。






植田明志,夜の王さま






「夜になった猫」は、個展以前に制作されたオーダー作品である


「夜の王さま」と共通の物語世界を持つ作品。


夜の悲しさと優しさを知る夜の王さま。


どこかにいる夜の王さまが、夜を想ってあげる寂しげな声を聞きつけて


猫たちは夜の闇の中を駆けつけていきます。















植田明志,夜になった猫





「夜になった猫」



どこかで夕焼けが丸くなって眠るころ。


頃合を見計らって、夜になったネコ達が風のように駈けていくのが見えました。








植田明志,夜になった猫





地平線に沿って、何十匹ものネコ達が一斉に走ります。


一匹はまだ眠そうにとことこ歩いていました。








植田明志,夜になった猫






上にはぽっかり穴があいたようなまん丸お月様。


金色にぴかぴか光ってネコ達の背中を照らしています。









植田明志,夜になった猫





ネコの背中に乗った星の子が少し光ったと思ったら、


一瞬の間に夜の空に溶けていきました。


きっと、どこかにいる王様の寂しい声を聞いて、駆けつけにいったのでしょうか。











【植田明志個展 作家在店日のお知らせ】


現在個展「遠すぎるパレードを開催中の作家・植田明志がSipkaに在店致します。


・11月23日(日) 14時〜20時

・11月24日(月) 14時〜20時

・11月26日(水)14時〜20時

・11月28日(金)14時〜20時

・11月29日(土)13時〜20時

・11月30日(日)13時〜20時



作家自身から作品のコンセプトや制作秘話などをお聞き頂ける貴重な機会です。


お時間ございましたら是非お立ち寄り下さい。






















植田明志




植田明志個展「遠すぎるパレード」

2014年10月3日(金)〜11月30日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号 エビスビル2F

※地下鉄大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分




































コメントを書く

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら