Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 植田明志「怪獣少年」


植田明志,AKISHIUEDA,怪獣少年,オブジェ





連日、沢山のお客様にご覧頂いている植田明志個展


「遠すぎるパレード」も残すところ、会期あと僅かとなりました。


今回は小さな怪獣玩具を想わせる作品「怪獣少年」を紹介致します。






植田明志,AKISHIUEDA,怪獣少年,オブジェ






怪獣のキグルミを着たような子供の姿がデザインされた「怪獣少年」。


1枚1枚精密に造形された怪獣の鱗の表現。


目を閉じた子供の表情や淡い色彩が、


絵本の中から抜け出てきたかのような優しい印象の作品です。







植田明志,AKISHIUEDA,怪獣少年,オブジェ




夢見るように目を閉じた子供の顔。


その頬は寒さのせいで赤くなっており


首には時間の経過を象徴する "風のマフラー" を巻いています。


全高 約16㎝と植田明志作品の中では小振りな部類に入る作品ですが


怪獣のソフトビニール玩具をイメージしたサイズになっています。








植田明志,AKISHIUEDA,怪獣少年,ドローイング




ドローイングに描かれた「怪獣少年」のイメージ。


怪獣が大好きな男の子。


お気に入りの怪獣のヌイグルミを抱いてベッドで眠っています。


男の子は夢は徐々に怪獣のシルエットになり、ベッドの下から伸びてきています。


夢の中で男の子も怪獣になろうとしているのでしょうか。。。







植田明志,AKISHIUEDA,怪獣少年,オブジェ







高さ:約16㎝。奥行き:約12㎝。


石粉粘土 アクリル彩色 レース。




※こちらの作品は、植田明志個展「遠すぎるパレード」


会期終了後(2014年11月30日〜)以降のお送りとなります。













植田明志,AKISHIUEDA,怪獣少年,オブジェ





「怪獣少年」



いつも、お気に入りの怪獣のぬいぐるみをずっと抱いているのですが


それでも、このところちっとも眠れないのです。




カーテンからは、今日も朝の知らせ。


それでも眼を閉じてみるのです。







植田明志,AKISHIUEDA,怪獣少年,オブジェ






暗闇の中、たまに赤く光ったり、ちろちろと瞬く光がある気がしました。


いつも宇宙へタイムスリップするような、そんな感覚になります。







植田明志,AKISHIUEDA,怪獣少年,オブジェ






遠くで鳴き声が聞こえます。怪獣かなぁ。


きっと僕を食べにきたのです。




僕の夢は、きっと有り得ないこと。


いつか、なんて言葉では、言い表せないのです。








植田明志,AKISHIUEDA,怪獣少年,オブジェ







それでも、眠れたら、きっと叶う気がするのです。


夢の中なら、きっと。




そう思うと、どきどきして眠れなくなるのでした。


今日は、叶うでしょうか。

























植田明志




植田明志個展「遠すぎるパレード」

2014年10月3日(金)〜11月30日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号 エビスビル2F

※地下鉄大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分



































コメントを書く

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら