Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 植田明志「ファンタジアの車」


植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ





10月3日より好評開催中の植田明志個展「遠すぎるパレード」。


過去と未来が交錯する遠い異世界の白い大地を舞台に、


静かに進むパレードの物語を、立体作品と絵画


そして展示用に作り起こされたBGMで表現しています。


今回は個展告知用フライヤー表紙にも採用されている大型作品「ファンタジアの車」を紹介致します。







植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ





個展の作品の背景世界となる、白い星のパレードの物語。


パレードの中核を為す存在であり、記憶の結晶体である「ファンタジアの車」は


本体であるクジラのような乗り物から老人のような姿の記憶の結晶が生えています。








植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ





ガラス玊の瞳が嵌め込まれたクジラの頭部。


先端には小さなハチドリがとまった日時計のような造形が施され


パレードの進む道を指し示しています。







植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ





剣のようなデザインのクジラの尻尾。


車輪部分は木材の削りだしで作られ回転します。


また、乗り物のボディ各所には細部に渡って遺跡のようなディティールが施されています。






植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ





クジラ部分の緑青掛かった色合いから、人物の身体の宇宙を想わせる深い碧へ。


古美掛かった石材のようなクジラ本体から、深海を連想させる有機的なディティールへと


変化していく色と質感のグラデーションが美しい作品です。






植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ




植田明志作品に見られる特徴のひとつである左右非対称のデザイン。


様々な角度から見る事で異なる表情を見せます。


全長 横:約57㎝。高さ:約38㎝。


石粉粘土。木材。ガラス玊。ハンダ。メディウム。アクリルドーム他。


アクリル彩色。












植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ





「ファンタジアの車」




私の後ろで、歩く彼らは


初めは私の隣に来て話しかけてくれたり、


少し前を歩いて振り返っては笑いかけてくれたものでした。





植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ







それはいつかのご飯の献立だったり、


夏の終わりに一緒に星を見に行ったこと


公園に秘密基地を作ったこと、


そこに自分たちの宝物を隠したこと


そんな話をするのが、私は大好きでした。







植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ





しかし、彼らは段々とその歩みを遅くするようでした。


私と彼らの距離は、少しづつ、でも確実に開いていきます。


しばらくして彼らは、やがて立ち止まりました。


ねぇ、はやく来てよ!


私は叫びました。






植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ






彼らは少しだけ私のほうを見ると、胸に手を当てながら、


少し悲しそうに笑って


諦めたように、眼を閉じました。






後ろは真っ白な風景に黄昏時のオレンジの光が真横から射して、


彼らの体だけを消し、長い影だけを作っていました。


それは夕焼けの映写機から映し出された昔のフィルム映画のようで


私はこの物語の終わりを綺麗だと思いました。








植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ





でももう、私はどうしようもなく悲しくなって、


ほっぺたも鼻も瞼も、全部真っ赤な夕焼けのようになりました。


それでもこの道はまるで意に反するように、勝手に動いていくのです。




私は、彼らを思い浮かべました。


彼らは最後に、何を想ったのでしょう。


私は彼らと同じようにしました。







植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ




胸に手を当て、少し悲しそうな顔をしてみました。


何故かこれだけでもう、涙が溢れそうになりました。


それは世界が青い海の底に沈んだようでした。


ゆらゆらと揺らめく底には、街の光。


そこには人々の笑い声があり、


そこに彼らもいる気がしました。







植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ





すると胸がどうかなってしまうかと思うくらいギュっと痛くなるのでした。


でもまだ泣いてしまう訳にはいきません。


渾身の力で涙をぐっとこらえます。


眼を瞑るともう涙がこぼれ落ちそうでした。





そして私は、彼らがやったみたいに、くしゃくしゃな顔のまま、


ほんの、少しだけ笑いました。






植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ





その時でした。


瞳の奥に、きらきらした青い宝石を見つけたのです。


遥か遠い宇宙を見ているかのような輝きでした


それが、まるで星が死ぬ時に見せる膨大な光のように広がって、私を包み込みました


沢山の珍しいビー玉を缶々の中に詰め込んで、思いっきり振ったような音を発しながら、


それはもう、優しく私を揺さぶりました。








植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ






目の前が青く、青く永遠のように輝き続けます。


私は、その中に彼らを見つけたような気がしました。


いつかのように、私に優しく笑いかけているように見えました。









植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ





「ああ、そうだったんだねぇ。」






私は青い宝石の中で、彼らと向かい合っていました。


彼らは相変わらず、頬を夕焼けのように赤くして、


少し恥ずかしそうにもじもじししながら下を向いています。


私は彼らの手を、そっととります。


彼らは、やはり恥ずかしそうに、少しだけ笑いました。


強く、誠実に握り返してきます。













植田明志,AKISHIUEDA,ファンタジアの車,オブジェ








 そして私は、彼らとひとつになりました


もう全てを思い出さなくても哀しくないように思えました。






私はもう、ずっと彼らと一緒に


手を繋いで、歩いています。



















植田明志




植田明志個展「遠すぎるパレード」

2014年10月3日(金)〜11月30日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号 エビスビル2F

※地下鉄大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分


















コメントを書く

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら