Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 植田明志「流れ星に乗って」


植田明志,AKISHIUEDA,オブジェ,アート






10月3日(金)より開催中の植田明志個展「遠すぎるパレード」。


個展初日から全国より沢山のお客様にご来店頂き、


既に多くの作品がご売約済となっております。


Sipkaブログではご売約済の作品も含め、


パレードを彩る作品たちを付随する物語と共に随時紹介していきます。






植田明志,AKISHIUEDA,オブジェ,アート





白い星で静かに進むパレードの物語。


パレードの先頭を務めるのは、翼の生えた流星のような乗り物に乗った


キャラクター "テイテイ" を造形した作品「流れ星に乗って」。






植田明志,AKISHIUEDA,オブジェ,アート



今展示「遠すぎるパレード」で登場する様々な  "テイテイ "たち。


それぞれが異なる個性的な姿・形をしていますが


皆、一様に手を交差した祈るようなポーズをとって、レース模様のような首飾りをしています。






植田明志,AKISHIUEDA,オブジェ,アート




宇宙を想わせる深い碧色の身体をしたテイテイは流れ星に乗って


パレードを先導するように進んで行きます。


この他にも今展示には様々なテイテイたちが登場していますので


次回以降のSipkaブログでも随時紹介していきたいと思います。








植田明志,AKISHIUEDA,オブジェ,アート





「流れ星に乗って」




気づいたら星に乗っていました。


もしかするとですが、ずっと前から乗っていたのかもしれません。


もしかするとですが、僕が生まれた時に一緒にこの星も生まれたのかもしれません。







僕の周りでは、ずっときらきら光ったり、消えたりする銀河の明かり達が、


くるくる回って、まるでそれらが歯車のようにこの宇宙を動かしているようでした。


たまに歯車と歯車がぶつかったり噛み合わなかったりしているのを見かけると、


なんだか少し哀しい気持ちにも、なってしまうのでした。







植田明志,AKISHIUEDA,アート,オブジェ






僕の方はというと、この流れ星の先っぽが、少し不安げに、


でも少し得意げに、先を照らしていてくれているので、


なんとかここまでぷかぷか浮いてこれたように思えます。





少し錆びがついてきたこの星も、


僕がこの宇宙の中に消えて無くなってしまう頃


やっと自由にも、なれたりするのでしょうか。













植田明志




植田明志個展「遠すぎるパレード」

2014年10月3日(金)〜11月30日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号 エビスビル2F

※地下鉄大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分







コメントを書く

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら