Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

アーカイブ:2014.06

 eerie-eery『ネルテとミネンテ』

『ネルテとミネンテ』 ネルテとミネンテは生れつき胸が繋がった癒合双体の双子で心臓が一つしかなかった。 しかし頭はきちんと二つあるので、二人は一つの体でありながら二人分の考えを持っていた。 「もし体が二人になれたら抱きしめ … 続きを読む

eerie-eery『ネルテとミネンテ』

 eerie-eery「人形になりたかった少女」と「自傷の若者」

好評開催中の eerie-eery 個展「追憶と眠りの国 ~眠りの為の回顧展~ 」。 死の国 “アムニジア” にひっそりと佇む歯科医院を舞台に アムニジアに生まれた双子の歯科医の姉妹と 様々な理由でこの世を去 … 続きを読む

eerie-eery「人形になりたかった少女」と「自傷の若者」

 植田明志「ヤマノハゴロモ」と “童蟲”たち。

「記憶」を媒体として、ある種のノスタルジーを感じさせる世界を表現する造形作家 植田明志(うえだあきし)。  植田明志の代表作である、 “山人(やまと)” と呼ばれるオブジェ作品群。 通称 “大山人&#8221 … 続きを読む

植田明志「ヤマノハゴロモ」と “童蟲”たち。

 Lhiannan:Shee「drawers tights. ( white marble )」

先日、個展「草木を唄う女王」が好評のうちに幕を閉じた Lhiannan:Shee(リアナンシー)。 待望の新作タイツが発売となりました。 「drawers tights. ( white marble )」と題された今作 … 続きを読む

Lhiannan:Shee「drawers tights. ( white marble )」

 「追憶と眠りの国~眠りの為の回顧展~」開催中です。

eerie-eery(イーリーイーリィ)個展「追憶と眠りの国~眠りの為の回顧展~」 6月5日より好評開催中です。 平日にも関わらず、Sipka店頭には初日より沢山の方にご来店頂き 既に沢山の作品がご売約済となっております … 続きを読む

「追憶と眠りの国~眠りの為の回顧展~」開催中です。

 eerie-eery 個展「追憶と眠りの国 ~眠りの為の回顧展~」

産道のような暗い洞窟をくぐり抜けると そこには金色の野原が広がっていた。 わたしはアムニジアにたどり着いたのだ。 一面に広がる金色の草原は どこまでもどこまでも続いていて終わりがないようだった。 草を分け入って暫く歩いて … 続きを読む

eerie-eery 個展「追憶と眠りの国 ~眠りの為の回顧展~」