Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 マンタム「緋色の女」と「耳の後ろを白く塗った男」




マンタム,緋色の女,耳の後ろを白く塗った男とその眷属,オブジェ





" マンタム氏のオブジェを見ていると、


「ミシンとコウモリ傘との、解剖台の上での邂逅のように美しい!」


という、ロートレ・アモン伯爵が遺した名句から飛び出したような気がしてならない。"


ヤン・シュヴァンクマイエル






マンタム個展「記憶の残骸物とそれを照らす為の月」では


アーティスト・マンタムの原点である、シュルレアリスムに立ち返るというコンセプトのもと


10点にも及ぶ大小様々な作品が新たに制作されました。



その中には、2010年に開催されたマンタムの初個展


「錬金術師の憂鬱」のイメージヴィジュアルにも用いられ


現在に至るまでマンタムの代表作のひとつともなっている作品


「耳の後ろを白く塗った男」とそれに付随する物語「緋色の女」をベースにした新作も含まれています。






マンタム,記憶の為の羅針盤,オブジェ





マンタムによる幻想譚「緋色の女」は物語の途中で唐突に終わっており


その続編が長く切望されてきましたが、今展示では


その続編とも言えるオブジェ作品「記憶の為の羅針盤」が制作されました。








マンタム,耳の後ろを白く塗った男,アート,オブジェ



" 緋色の女による攻撃でいつの間にか千切れてコップに浮かんだ私の指を


耳の後ろを白く塗った男が記憶の迷路に封じ込められないように作ったコンパス "




有機物である頭骨と、無機物である金属を組み合わせた


錬金術的な手法によって作られたマンタムならではの作品です。


中央には "緋色の女による攻撃で千切れた指" が付けられており可動します。





 

マンタム,耳の後ろを白く塗った男,オブジェ




"耳の後ろを白く塗った男 " とその眷属達は、


世界の破滅を賭して "緋色の女" と戦う事を選択し


その結果、全ての世界の約束事から切り離されて孤立し、


彷徨するしかなくなってしまった哀れな亡霊のような存在 。




今回、新たにリメイクされた「耳の後ろを白く塗った男 #2 」は


開閉する胸部の内部は灯りが灯され、小瓶の中にはネズミのミイラが封入されています。


「記憶の残骸物とそれを照らす為の月」用新作の中でも最後に完成した大型の作品で、


ボディにはシリアルNo. 10 が振られています。







 


マンタム,緋色の女,記憶の為の羅針盤,オブジェ





「緋色の女」




夜帰りに何時も通るビルの壁面に


赤い蜘蛛の巣のようなモノが貼り付いているのがみえました。


なんだろうとおもって目を凝らしてみたのですが、


それは赤い女としか言いようがないものでした。




身につけているものがということではなく


髪も皮膚も眼球も塗りつぶしたように赤い女が


ビルの壁面に胸を突き出すようにして貼り付いていたのです。




それはとても奇妙なことなのですが何故か誰も騒ぎ立てる者はありませんでした。


それからはやはり気にはなるのでなんとなく通うようになり


それでようやく理解できたのですがどうも見えるのは自分だけらしいのです。







あの女はなんなのだろう?


何故あんなところに貼り付いているのだろう?


そもそもどうして自分にしかみえてないのだ?


頭がおかしくなってしまったのか?







マンタム,シュルレアリスム,オブジェ,緋色の女,記憶の為の羅針盤





そうやって通うのが日課になってしまったある日、話しかけて来る男がいました。


(坊主頭で耳の後ろを白く塗りつぶしている)


彼は私が見ている女が「緋色の女」と呼ばれるもので、


あれは世界がほころび始めたときにあらわれる端緒の糸のようなものだと教えてくれました。


つまり誰かが不用意に「緋色の女」に触れると


そこから一気に世界がほころんでしまうというのです。





そして、彼は訊ねました。


私にとってこの世界は大切なものなのかと。


もし守りたいのならあのビルの壁面に貼り付いている「緋色の女」と対決しなくてはならない。


失敗すればこの世界はほころびて消えてしまうが、


遅かれ早かれ「緋色の女」があらわれた以上


消えてしまうこと自体は決まっているのだから結果は気にしなくてもよい


大切なのは私が自らと世界の破滅を賭して彼女と闘う意志があるのかどうかなのだ と。







マンタム,緋色の女,耳の後ろを白く塗った男とその眷属,オブジェ





彼の説明によれば世界は約束事によって成り立っていて


それはいままでの全ての世界がそうであったようにこの世界も約束事で成立している


ところがそこに暮らす人々の煩雑な意識と欲求そのものが澱となってたまりすぎると


「緋色の女」の出現によってコップに溢れる水が溢れるようにこの世界は崩壊して


また新しい世界がはじまるのだ と。


世界は何枚もの薄い紙を合わせたような構造で成り立っていて


都合が悪くなればその一番上の紙を破いて新しく描かれる絵にすぎないのだと。


我々はそれが誰の描いた絵なのかを知るどころか


何ヒトツ疑うことなくただ暮しているだけのことなのだと。


だからそれ自体にはなにひとつ意味はない。


世界が滅べばそこに在るなにもかもが消え去り、新しい世界がはじまるだけのことなので


その事をだれヒトリ悲しむ事も苦しむ事もなく終わるのだから


イヤならともに滅びればいいだけのことなのだと。







マンタム,記憶の為の羅針盤,アート,オブジェ




で、結局私は「緋色の女」と闘う事になるのですが、


そのための力を得るということはこの世界の約束事から離れてしまう事を意味していて


それはもう戻る事のできない道を選んでしまうことでした。




その「耳の後ろを白く縫った男」とその眷属たちは


この世界が成立する以前に私と同じように緋色の女をみて闘うという意志を選択し


その結果全ての世界の約束事から切り離されて


孤立して彷徨するしかなくなってしまった哀れな亡霊のような存在だというのです。





私は「緋色の女」と闘わなければならなくなりました。


でも、それは世界のほころびをはやめるだけなのかもしれません。


それでも私にはそれ以外の選択肢がなく


コンクリートで囲まれた黴だらけの小さな地下室で私達は闘うための準備をしています。







マンタム,耳の後ろを白く塗った男,緋色の女,オブジェ





「耳の後ろを白く縫った男」はさっきまでコップの中の水で白っちゃけた眼球を洗っていましたが


「緋色の女」の様子を見に行くといって何時のまにかいなくなってしまいました。


そうしたらコップのなかの眼球はいつのまにか根元から千切れた私の指になっていて


それで「緋色の女」の攻撃がはじまっているのにはじめて気がついたのです。














 

 




マンタム,個展,名古屋,大須






マンタム個展「記憶の残骸物とそれを照らす為の月」


2014年2月5日(水)~3月16日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号 エビスビル2F


※地下鉄大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分












 


コメントを書く

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら