Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 マンタム「ヴァイオリンの為の音楽」



マンタム,ヴァイオリンの為の音楽,楽器,照明作品






現在、個展「記憶の残骸物とそれを照らす為の月」を開催中のマンタム。



今回は個展以前に作られた作品でSipka店頭で大きな反響を得ている照明型作品



「ヴァイオリンの為の音楽」を紹介致します。




マンタム,ヴァイオリンの為の音楽,照明,シュルレアリスム






マンタムの作品の中でも端正な佇まいの「ヴァイオリンの為の音楽」。



中央から2つに切断されたヴァイオリンの中で、水晶灯が仄明るく光る



詩的な美しさを感じさせる作品です。



また、大型の作品の多いマンタム作品の中において



デスク上に飾って頂きやすいサイズとなっています。



高さ:約92㎝。



台座部分 奥行き:約28㎝。



横幅:最長 約18㎝。



コードの長さ:約192㎝(プラグ部分含む)。






マンタム,ヴァイオリンの為の音楽,オブジェ



「ヴァイオリンの為の音楽」



ときどき かさかさと音がしてそれがずっと気になっていたのだ


練習をしたくても構えたヴァイオリンに弓をあてようとすると必ず音がして、


それが気になって集中出来ないのだ




勿論先生には何も聞こえないので


私のやる気がないからと母親に告げ口されてしまう


母親はその度に私の手を小さな枝で打ったが


だからといって音が消える事はなかった




私はその音が小さな悪魔がヴァイオリンの中で呪いの儀式をしているように思えて


恐くて仕方がなかったのだ


だから折角買ってもらったヴァイオリンもちゃんと演奏される事はなく、


私はいつまでたってもきぃきぃと小さな獣の鳴き声のような音しか出せないままだった。






マンタム,ヴァイオリンの為の音楽,水晶灯,照明




ある夜 月の光が窓から入り込み、ヴァイオリンを照らしていたときに、


ヴァイオリンが不自然に動き出し机から落ちてしまった


慌てて拾いあげたのだが、背板が少し浮いていて、そこからなにかが這い出そうとしていた。




月の光に照らされたそれは間違いなく人の指に見えるものだった


白っぽく細い指がその浮いた背板から這い出そうとしていたのだ


とても恐くてヴァイオリンを投げ出したい衝動にとらわれたが、


それよりもその細い指の事が気になってどうしても目が放せなかった




やがて月の位置が変わり、ヴァイオリンが影の中に入ったので、ようやくヴァイオリンを放せたのだが


朝になってみると背板は元通りになっていて、Fホールから覗いて見ても振ってみても、


指のようなものの気配さえ感じることは出来なかった。






マンタム,ヴァイオリンの為の音楽,照明型作品,オブジェ



その事があってから私は、ますますヴァイオリンとその稽古から遠ざかるようになり


やがてヴァイオリンも何処かに仕舞われたまま私の目に触れる事さえなくなっていた



あらためてそのヴァイオリンを見たのは、母の葬儀のあとで


大切に仕舞っていたらしいヴァイオリンを客が引き上げた後、父親から手渡されたのだ



私はそのまま家に持ち帰ったものの、あれからずっと頭を離れる事がなかったあの月の夜のことが


どうしても気になっていたので、職人に頼んでヴァイオリンを切断してもらった。



そうすると



縦に割られたヴァイオリンの棹の付け根のところから、


細長くて白い(死んだ母親の小指を思わせるような)水晶が出て来たのだ


それは夜の月のようにほの青く光り、その光が私の目の中に差し込んで来た


その光はとても不思議な感触で、既に遠くなった母親の記憶を想起させるのに充分なものだった






マンタム,ヴァイオリンの為の音楽,水晶灯,照明






私は壊れたヴァイオリンとその水晶で卓上を照らす為のスタンドを作らせ


今もそれは机の上で読むべき書物を照らしている




母親が何故、私にヴァイオリンを弾かせたかったのかはわからなかったが


結局、その誰も顧みる事のなくなったヴァイオリンを彼女は捨てる事が出来なかったし、


私もその頃の記憶だけは今でも鮮明に焼き付いている。



今は時々だがこのヴァイオリンのランプで本を読む時に母親が渇望し弾けなかった曲をかけている。


それは


あの月の夜と今は遠い母親の為に















マンタム個展「記憶の残骸物とそれを照らす為の月」


2014年2月5日(水)~3月16日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号 エビスビル2F


※地下鉄大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分









コメントを書く

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら