Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 馴鹿「太陽の街に住むマレーグマ」



馴鹿,じゅんろく,真鍮,木,アクセサリー




木と金属など異素材を組み合わせ、ユーモラスな動物アクセサリーを


制作するアクセサリー作家「馴鹿 Jun-Roku」。


既存のパーツは使用せず、木材や金属からひとつひとつ制作。


表情豊かで個性的な動物たちを作り出します。





「太陽と月と風の島」はいつもはどこかに隠れて見えない島ですが


何年かに一度、ふわりと顔を出す不思議の島。


そこには沢山のイキモノたちがひっそりと棲んでいます。




 太陽の街のマレーグマ,木,動物,アクセサリー



太陽の街に住むマレーグマ。


マレーグマの仕事は太陽の光を集める事


集めた太陽の光を粒にしてランタンを作るのです。


島が暗闇に包まれる前に、島じゅうにランタンを配達し終えなくては


暗闇でイキモノ達がぶつかってしまって大変!


マレーグマ・・・のんびり見えても大忙しなのです。




馴鹿,光集めのマレーグマ,真鍮,アクセサリー





太陽の光の集め方は色々ありますが、


こちらのマレーグマは真鍮の板に映った太陽の光を集めます。


ちょっと凹んだ真鍮の板を太陽にかざしていると、


そこに映った太陽が少しづつ粒になっていくのです。




馴鹿,じゅんろく,マレーグマ,真鍮,アクセサリー




太陽の光はひと粒も無駄に出来ません。


池に映った太陽も小さなお玉ですくい上げて、立派なランタンにします。


でも池の太陽はゆらゆらとすくい難いので、


マレーグマは座り込んで悪戦苦闘なのです。




馴鹿,ランプ運びのマレーグマ,木,動物,アクセサリー




「島が暗闇に包まれる前に、島じゅうにランタンを配達し終えなくては!」


体に対してチョッと短めの足でトコトコと島中を駆け回ります。


大事なランタンを壊さないようにしなければ!




馴鹿,甘党のマレーグマ,ピンブローチ,樹脂




マレーグマの大好物は蜂蜜につけた星。


もともとランタン職人だったこのマレーグマは、蜂蜜の星が好きすぎて、


星を蜂蜜漬けにした「甘い星」を売る店の店をオープンさせました。





馴鹿,マレーグマ,ハチミツ,ピンブローチ



「どれどれ上手に漬かったかしら・・・」


味見と言っては毎日ツマミ食いばかりのマレーグマなのです。











島にはまだまだ沢山のイキモノ達とフシギな物語が広がっています。


この島で自分だけのお気に入りの物語が見つかりますように。。


馴鹿 その他の動物たちはこちらから








馴鹿,個展,太陽と月と風の島〜フシギの島のイキモノたち〜,アクセサリー




馴鹿 Exhibition 「太陽と月と風の島」


2013年10月2日(水)〜12月1日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号 エビスビル2F


※地下鉄大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分









コメントを書く

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら