Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 ホアシユウスケ「強制横スクロール」


ホアシユウスケ,HOASHIYUSUKE,帆足友輔,強制横スクロール,リング,アクセサリー






「強制横スクロール」


テレビゲームなどで見られる 画面が自動的に横に進んで行く為、


それに合わせてキャラクターを進ませないとゲームオーバーになってしまうという現象



花と動物をモチーフにアクセサリーを制作する作家・ホアシユウスケの新作は


強制横スクロールをテーマにしたユニークなリングです。





ホアシユウスケ,HOASHIYUSUKE,帆足友輔,強制横スクロール,リング,アクセサリー



ホアシユウスケが以前より構想を温めていた「強制横スクロール」。


一生懸命、壁を押している5匹の猫と、白熊がデザインされた2連のリングとなって発表されました。



"時間" という平面的で、またどこか流動的なもの。



色んな事がどんどん進んでも、あなたの大切な今をずっと。場所は違っても同じ今に。


色々、状況は変わっても、ちゃんと同じ場所に立っていられる ~


そんなメッセージが込められたアクセサリーです。




ホアシユウスケ,HOASHIYUSUKE,帆足友輔,強制横スクロール,リング,アクセサリー



猫は上をむいてリングをしている人に助けを求めています。


またそのうちの1匹の猫だけ振り返って先を見ています。


大切なものは時間がたっても大丈夫って気付いたのかもしれません。





ホアシユウスケ,HOASHIYUSUKE,帆足友輔,強制横スクロール,リング,白熊,アクセサリー



そして時間を進めている張本人の白熊。


白熊は ”北極にいて、地球をくるくる回している象徴” としての存在です。



今、この瞬間を生きている猫、そして時間の概念を司る白熊という


対になるモチーフが合わさったユニークなアクセサリーとなっています。





ホアシユウスケ,HOASHIYUSUKE,帆足友輔,強制横スクロール,リング,猫,アクセサリー



「強制横スクロール」


今が楽しくて、幸せで、何も変わって欲しくなくて。


ずっとこれが続けばいいのに


ずっとここにいれたらいいのに


ずっとこのままだったらいのに。



でも時間は強制横スクロール。



前に進まないと画面の左端は迫ってくる。どんなに望もうと、どんなに振り返ろうと



とまんないよ時間は。



周りの景色も、自分の見てる景色も、人の気持ちも、どんどん進んでいく。











コメントを書く

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら