Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 煩悩の偶像 ~ mother tree



フクムラユキ,fukumurayuki,「愛してくれないなら死んでしまえ」,オブジェ,仏像



フクムラユキ 「愛してくれないなら死んでしまえ」


廃材 アクリル ジェッソ(33.5)





フクムラユキ個展「あの暗やみのさき」も残すところあと2日となりました。


今回は平面作品と共に展示・販売中の木彫り作品、


「煩悩の偶像」と題された彫像たちを作家自身の言葉と共に紹介します。




仏様のようであったり、道祖神のようであったり様々な姿の彫像たち。


全てフクムラユキ自身が拾い集めた廃材から彫り出されています。








フクムラユキ,fukumurayuki,「あの暗やみのさき」,オブジェ,仏像



フクムラユキ「仕返し」「嗜眠思考」


廃材 アクリル ジェッソ(11.5)(11.0)







「 特定の宗教を持たない私は けれどもいつのまにか祈っている。



宗教美術を美しいと思うし、それらに触れると、指先から神聖な気持ちになる。」










フクムラユキ,fukumurayuki,「戦争の副産物」,オブジェ,仏像



フクムラユキ 「 戦争の副産物 」


廃材 アクリル ジェッソ(15.0)






「 仏像の静謐な美しさから感じる強い悲しみ。



沢山の勝手な祈りや懺悔を受け入れてきた彼らの事を想い



おぼろげな神様像を以って黙々と手を動かす間、



心にめぐるのは煩悩ばかりで、 でもきっと、



この煩悩を受け入れること(煩悩を持っている自分を受け入れること)が



静謐な気持ちへと至る第1歩なのかもしれないという小さな事実に



きちんと気付けたのは大きな収穫だったように思う。」








フクムラユキ,fukumurayuki,「あの暗やみのさき」,ライヴペイント,mother tree




作家在店日に、展示スペースに面した窓に少しづつ描かれていった


ライヴペイントも完成しました。





「mother tree」と題された絵物語は、フクムラユキ自身が


今展示に際して書き起こした詩から発展させたもの。







フクムラユキ,fukumurayuki,「あの暗やみのさき」,ライヴペイント,mother tree





" 祈るものと祈られるもの


 仕舞うものと仕舞われるもの



それらはひっくり返ったりひとつになったりしながら


ぐるぐると廻っている。"









フクムラユキ,fukumurayuki,「あの暗やみのさき」,ライヴペイント,mother tree





あの子の心臓や


薄い肺


背骨をひとつ


ポケットにしまう



静かに波にあらわれて


まるくまるく


小さくなる



静かに波にさらわれて


魚のお腹のなかへ


遠くで祈るひとたちの


血になって


肉になって




もう一度


手のひらに のせるとき


どんな美しい色をして輝くのか





いつか


あの暗やみのさきで














フクムラユキ個展


「 あの暗やみのさき    the place beyond the dark 」


2012年3月20日(火)~4月23日(月)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F


※大須観音駅1.2番出口より徒歩5分








コメントを書く

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp