Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 ホアシユウスケ個展 「 星をはこんだ猫 」



ホアシユウスケ,個展,「星をはこんだ猫」,フライヤー,帆足友輔



「 星をはこんだ猫 」




沢山の夢と沢山のあるものを袋に詰めて歩き出した猫


ぴょんぴょんはねながら


どこにだっていける、なんだってできる




歩いていたら花が咲いていたから袋に入れた


歩いていたら誰か捨てた何かが落ちてたから袋に入れた




夜になって悲しくなって涙がでてきました。


一緒にそらも泣いてくれたので、水たまりが出来ました。


そこに星が映ったので拾って袋にいれました。




泣いている人が沢山いた。悲しい事をもっているようだった。


重たそうだったので少し鞄にいれて運んであげた。


代わりに拾った星を一つあげました。





歩いて行くと街にきました


街は明るくて目印の星が見えなくなりました


ある人がこんな明るい街にも綺麗な星空を見せてあげたいって


頑張って星空を作ってた


持ってた星を全部あげました


神様がつくった星じゃないけど、とてもきれいだった





ずっと歩いて行くと


夜の街に来ました。


星が沢山ありすぎて僕の赤い星がどれかわからなくなりました。




街の中を歩いてたらカラスがいました


なぜ君は黒いの?


ドレスコートが黒だから。主役より目立ったらいけないよ。




猫も黒くなりました。


鞄の中の花をからすに半分あげました。


一緒に主役の星空にあとから渡しに行こうと思った。










花と動物をモチーフに、日々の生活で感じたこと、見たこと、思ったことを


アクセサリーという最小のアートで表現するホアシユウスケ。


淡い色合いで表現される動物たちには自然を見つめるデザイナーの優しい感性が表れています。





「星を運んだ猫」と題された本展示は、誰もが持つ夢を、星に喩え、


星を運ぶ猫が旅する物語の場面場面をアクセサリーで表現、


猫モチーフのアクセサリーを展示、販売致します。










HOASHI YUSUKE Exhibition 「星を運んだ猫」


2012年 4月25日(水)~5月20日(日)


愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F


※大須観音駅1.2番出口より徒歩5分









コメントを書く

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp