Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

 マンタム 「 7羽の鴉 」



マンタム,Mantam,7羽の鴉,頭骨,オブジェ




Sipka & A STORY 合同企画「 13 Storoes 」参加作品の中でも一際異彩を放つ、


錬金術師マンタムのオブジェ「7羽の鴉 」。


グリム童話のひとつ「七羽のからす」をモチーフにした作品です。





マンタム,Mantam,7羽の鴉,錬金術,オブジェ






動物の剥製や骨などの有機物と、金属などの無機物を融合させ


制作されるマンタムの錬金術的作品たち。


13 Stories用に作り起こされた完全新作「7羽の鴉」も


カラスの頭骨と金属素材のアッサンブラージュとなっています。





マンタム,Mantam,7羽の鴉,オブジェ,頭骨




呪いの言葉によってカラスに姿を変えられてしまった7人の息子たち。


兄達を探す旅に出た末子の娘は道中、太陽、月に助けを求め


最後に出会った明け方の星から貰った鳥の足(鳥の骨、コウモリの足の場合も)


を使って兄達のいるガラス山の門を開けようとするが


鳥の足を無くしてしまいます。




鍵の代わりに自分の指を切り落として扉を開けた娘は


カラス達の食べ物と飲み物に口を付け、指輪をその場に残して


カラスたちの不在を待ちます。




戻ってきたカラスたちは、器に残された指輪を見つけ


呪いが解けて人間の姿に戻った兄と妹は一緒に家に帰りました。






マンタム,Mantam,7羽の鴉,カラス,頭骨




「7羽の鴉」はネックレスと、それを掛けるオブジェがセットとなる作品。


鳥の卵のような趣きの大ぶりのオパールが付けられたネックレスは


「七羽のからす」の物語の構成する要素の中から


人の指と鳥の足が合わさったようなデザインになっています。






マンタム,Mantam,7羽の鴉,カラス,オブジェ




カラスの頭骨の額にはシトリンが配され、マンタム作品の特徴である


呪術的な雰囲気を感じさせるものとなっています。




高さ:約61㎝。縦:約25㎝ × 横:約20㎝


とマンタム作品の中ではお部屋などに置きやすいサイズ。


ネックレス、オブジェそれぞれ単体でもお求め頂けます。










「13 Stories 」A STORY & Sipka Collaborated Exhibition


2011年10月1日(土)~10月31日(月)



Sipka


12:00~21:00  火曜定休


 愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F


※大須観音駅1,2番出口より東に徒歩5分




A STORY


http://handmade-watch.com/top.html


東京都渋谷区神宮前3-27-14 キャラット原宿103


TEL+FAX 03-6315-3656


営業時間 AM12:00~PM8:00


土日祝日 AM11:00~PM6:66(19:06)







コメントを書く

名古屋 アクセサリー セレクトショップ Sipka -シプカ-

アクセサリー セレクト・オンラインショップ Sipka -シプカ- アクセサリー通販のSipka

愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

http://sipka.jp

http://shop.sipka.jp

過去のブログはこちら