Event-イベント-

Gimmel Garden 個展 「双蝶迷宮」フライヤー

Gimmel Garden 個展 「双蝶迷宮」

2013年12月4日(水)〜 2014年2月2日(日)

「双蝶迷宮」
まだ誰も住んでいなかった
水の豊富な土地をある人々が見つけ暮らし始めた。

そこに住み着く人は増え、沢山の道が作られ交差点ができ
水はみるみる汚れていった。

ある人々は浄水場を作り上げた。

宮殿のような見事な浄水場は
人々が住み交差する場所へ作られたため十字架のような形をしている。

ある人々はその宮殿に "双蝶宮殿" と名前をつけ
美しい水を絶やさぬよう
宮殿を使うための鍵を作った。

そしてそこを中心に生活をする文明を切り開いた。
時は流れやがて文明は人々の争いからか廃れ宮殿だけが残った。

宮殿と鍵だけは誰にも壊されることなく残り続けた・・

 

ある時、また人々はこの土地を発見する。

ただ宮殿も鍵の使い方も人々には解らない。
人々はその中に思うまま建物を作り住み着いていった。

何の秩序もない十字架の土地はたちまち迷宮となってしまった・・
双蝶迷宮のはじまり

 
---- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

双子の彫金術師 Gimmel Garden(ギメルガーデン)。

海外で学んだ彫金技術を駆使した銀製品たちは

細部に渡って施された繊細なレリーフや、高度なギミックによって

シルバーアクセサリーの枠を越え、魔法の道具のように輝き

想像力を掻き立てられるコンセプトを含んだ、その世界観は人々を惹き付け、

魅了し続けています。
今展示「双蝶迷宮」は、2011年の「妖精採集」以来、

満を持しての2回目の個展となり

天と地を繋ぐ迷宮をイメージしたディスプレイと共に

新作に加え、過去作品の殆どを一挙公開

Gimmel Gardenの様々な顔が垣間見られる展示となっています。

双子の彫金術師が作り出す美しい迷宮世界に

ぜひ迷い込みにいらしてください。

一覧ページへ戻る

Sipka(シプカ) 愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F Tel/Fax 052-231-7774