Event-イベント-

Darkness ahead of that solo Fukumurayuki exhibisionフライヤー

Darkness ahead of that solo Fukumurayuki exhibision

2012年3月20日(火)~4月23日(月)

『あの暗やみのさき』

小さな少女だった頃の記憶。
川原で見つけた犬の死骸。
やがて乾いた白い骨だけになった。

子供用の学習机の中に隠された小さな箱と
その中に仕舞われた小さな白いかけら。
夢想された個人的でささやかな祭壇で
目を瞑り、祈っていた。

祈るものと祈られるもの
仕舞うものと仕舞われるもの
それらはひっくり返ったりひとつになったりしながら、
ぐるぐると廻っている。

暗やみのなかに滲んでいるはずの美しい色と
暗やみのむこうにある小さな灯りのことを思う。
小さな、個人的な神様のために、
ささやかな祭壇のある部屋を作りたい。


『暗やみへの考察』

フクムラユキの作品の登場する少女たちは
作家自身の分身として
絵のなかでものを感じている。

女であるために経験することになった、痛み、苦しみ、
それらと同じくらいの幸福。

記憶や観念、日々触れたものを取り込み、また忘れ、
少女から大人の女へと新陳代謝を
繰り返していくイメージをなぞるように 着彩された下地を削り、浮かび上がった
色をもとに顕色・削剥を繰り返し
イメージを組み直していく。

一覧ページへ戻る

Sipka(シプカ) 愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F Tel/Fax 052-231-7774